葬儀社の選び方

葬儀社の選び方
生前に葬儀社を決めていない場合は、臨終後すぐに葬儀社を探すことになります。
しかも、精神的に辛い時です。
いざ葬儀社を探そうと思っても、葬儀社を比較したりすることもできず、近くにある葬儀社や病院に出入りしている葬儀社に決めがちです。

さらに、このような場合、サービスや料金が思っていたものと異なり、後悔する原因にもなります。
そうならない為にも、ここでは、葬儀社の選び方について紹介しています。

葬儀社の種類について

葬儀社はいくつかの種類に大別できます。
それらをひとつずつ見て行きましょう。

一般葬儀社

一般葬儀社とは、葬儀の施行のみを執り行う業者です。
一般葬儀社の業態もさまざまで、昔ながらの長く地元に根差している葬儀社もいれば、複数の都道府県を展開している大手の葬儀社もあります。

最近では、インターネットでの展開を中心とした業者や、家族葬や直葬に特化した葬儀社もあります。

冠婚葬祭互助会

「互助会」という名称を聞いたことはありませんか?
正式名称を「冠婚葬祭互助会」と呼び、経済産業省の認可事業です。
毎月の掛け金を支払って、結婚式や葬儀の時に積立金を充当できるというシステムです。

また、入会することで、会員特別価格で結婚式や葬儀を行うことができるというふれこみで、勧誘活動をしています。
互助会は一時期社会問題になりました。
それは、さも満期の額で葬儀ができるように説明を受けたが、実際には一部の充当にしかならず、差額をたくさん支払われたというもの。
入会の勧誘の際は聞こえのいい文句で誘うので注意が必要です。

また、なかなか解約してくれない。
解約金が不当に高額であるなどの理由から訴訟問題にまで発展している例もあります。

互助会は、会員の積立金を元手に設備投資を行っているために、強引な勧誘や解約渋りを行うところもあります。

JA・生協

JAや生協では、組合員向けに葬儀事業を展開しています。
特にJAの葬儀業には目を見張るものがあり、中には株式会社化しているところもあります。

ただし、基本的には組合員むけの事業ですから、組合員でない人の利用は割高になることがあります。

また、JAによっては、自社で事業としてやっているところと、地元の葬儀社に委託しているところがあります。

インターネットによる紹介業者

価格も統一化しているために、安く葬儀を挙げることができ、多くの人が利用しています。
ただし、費用面は安心でも、施行のレベルに差が出ることもあります。

葬儀レビでは、葬儀レビが選んだ優良葬儀社のみを扱っているので安心です。
もし、近くに良い葬儀社が無い場合には利用をおすすめします。

葬儀社を選ぶ際のチェック項目

ここまで葬儀社の種類について紹介しました。
次は、実際に葬儀社を選ぶ際にチェックすべきポインを紹介します。
葬儀社を選ぶ際には、次の項目に当てはまっているかチェックしてみてください。

相談に乗ってくれる

葬儀社が一方的にサービスの提案や説明をしてくるのではなく、まずはこちらの希望を聞き出して相談に乗ってくれるかはとても大切な要素です。

聞き出しの上手な葬儀社はそれをきちんと形にしようと努力してくれるはずですし、慣れない葬儀ですから、なんでも話せる担当者の方が、喪主も安心です。

対応が丁寧

葬儀ではいろいろな予測不可能なことが起きます。
誰もが慣れないことで、悲しみに暮れているのですから、しかたがないことです。
そんな時に、喪主や遺族の側に立って丁寧に対応してくれる葬儀社が望ましいです。

また、不慣れなので、何が分からないかが分からない状態。
こちらのわかる言葉で説明してくれる葬儀社はレベルが高いと言えるでしょう。

サービスや費用の説明をしてくれる

最近の葬儀はほとんどが、費用がパッケージ化されています。
そのなかでもどのようなサービスを受けることができるのか、どれにどんな費用が含まれているのかを丁寧に説明してくれる葬儀社は良心的です。

担当者の人柄がよい

葬儀は人が人を送り、人が人を偲び、人が人を慰める儀式です。
それは、葬儀社スタッフも同じです。

最後は担当者の人柄が葬儀の良し悪しを決めます。
はきはきした挨拶やきちんとした身なり、礼儀、一生懸命さが垣間見えるスタッフは、きっとよい葬儀をしてくれます。

葬儀社選びは生前がおすすめ

いざ身内に不幸が起きてから葬儀社を選ぶとなると余裕も時間もありません。
もちろんそういうケースで進めなければならないこともありますが、可能な限り、事前に葬儀社に相談しておくことをおすすめします。

本人が生前に、自分の葬儀の希望を葬儀社と打ち合わせしておくのもよいでしょうし、本人が困難であれば、喪主になる人がいくつか葬儀社選びをしておくことをおススメします。

不幸が起きてしまうと、冷静な判断もできなくなります。
葬儀社にはお願いできない、自分たちでしなければならないことも思った以上にたくさんあります。
事前に葬儀社選びをしておくことで、冷静に業者を比較できますし、葬儀の流れや予算立ても把握しておくことができます。

格安葬儀なら小さなお葬式へ


小さなお葬式では、追加料金のない定額制で低価格(14万円~)なお葬式を行うことができます。

全国47都道府県対応・4,000式場以上あるので、ご希望にあった場所でお葬式が可能です。

葬儀社選びで迷ったら葬儀レビへ


葬儀レビでは、全国の約400社の葬儀社の中から、無料で見積りができます。

24時間365日利用・相談が可能なので時間を気にせず利用可能です。

すぐに葬儀社を決めたい方はもちろん、生前に葬儀社を決めておきたい方にも、おすすめです。

初めての葬儀で困ったらファミーユへ


ファミーユは、全国に1,000ヶ所以上の式場を展開している葬儀社です。

葬儀のこともちろん、葬儀後に必要な墓地・墓石の紹介や保険、名義変更などトータルでサポートを行っています。
初めての葬儀でも、何の心配もいりません。

年中無休、24時間対応なので、突然の急逝でも葬儀の相談可能です。