葬儀に贈る供花に必要な知識と手配時の注意点

供花
葬儀ではさまざまな場面で色鮮やかな生花を飾り、また故人様をお花で囲み、少しでも美しく旅立つことができるようにして差し上げます。

葬儀で飾る花には喪主が用意するものもありますが、周りの人たちが故人を悼むために、そして遺族を慰めるために花を用意して供えるものもあります。
これを供花と呼びます。

今回は、そうした供花を贈る際のポイントや注意点などをまとめました。

供花について

供花と聞いて連想するのは、葬儀や法要の際にお供えする生花でしょう。
特に葬儀では祭壇脇に花を並べることで弔意を表します。


  • 故人様の最期を、少しでも華やかに彩ってあげたい
  • きれいなお花を贈ることで遺族の方のはげましになればいい

供花には、そのような思いが込められているのです。

どんな関係ならお供えした方がいいのか

供花を出すべき関係、出さなくてもいい関係の明確な線引きはありません。
供花はあくまでも弔意を表現したもの、つまり気持ちのものです。
もちろん、親族間であの人が出しているなら私もというような暗黙のうちのやりとりはあるかもしれません。

ですが、親族でない人でもお花を供えることは全く失礼には当たりません。

供花の贈り方と費用

供花の手配の方法は次のいずれかになります。


  • 施行の葬儀社に直接連絡する
  • 生花店に依頼する
  • インターネットで注文する

施行の葬儀社に直接連絡するのが一番確実でしょう。
というのも、多くの葬儀では、祭壇や会場とのバランスで、花の品種や価格などが統一されていることが多いからです。

葬儀社は喪主の希望を把握しているので、喪主の気持ちに沿う花を用意してくれることでしょう。

式場に飾る供花の相場

式場に飾る供花の相場は10,000円~15,000円です。
先述した通り喪主の希望により統一するケースもあれば、20,000円を超えるものもあります。
また、表示されているものは1基の価格がほとんどなので、2基(左右で一対)を希望される場合はその旨を申し出ましょう。

自宅に供える枕花・法事の供花

実はお花を供えるというのは、なにも葬儀式場に飾るものばかりではありません。
自宅にお花をお届けするという供え方もあります。

故人様が逝去されてご自宅に安置されます。
その枕元に供える供花のことを枕花と呼びます。

また、葬儀を終えたあとの四十九日法要に合わせてお花を届けることもできます。
これらも、葬儀社に依頼することもできますし、近所の生花店などに依頼してもよいでしょう。
なお、自宅用の供花は、5,000~10,000円くらいが相場となります。

宗教による供花の違い

仏教

仏式の葬儀では白菊をベースにした供花が一般的です。
色物の花としてデンファレや蘭などが添えられます。

ただ最近は、白菊にこだわることもあまりなく、洋花の供花でも失礼には当たらないでしょう。地域性もあるので、その地域の慣例に従いましょう。

神道

神道での葬儀で用いられる供花も、仏式同様白を基調にしたものでよいでしょう。
神道の葬儀では焼香の代わりに玉串奉奠(たまぐしほうてん)といって、儀式の中で榊を神に捧げるのですが、供花は花でよいとされています。

キリスト教

キリスト教の葬儀では白い花を自宅に贈るものとされています。葬儀の執り行われる教会や斎場には原則として供花を飾りません。
贈る花は白百合がよいとされています。

キリスト教の葬儀では、参列者による献花が執り行われますが、その際は白のカーネーションが用いられます。

供花を贈る際の注意点

通夜の開式に間に合うようにする

何よりも、通夜の開式までには間に合うよう手配しなければなりません。
先述したとおり、供花の手配の方法は、施行の葬儀社、生花店、インターネットの3つの方法がありますが、ぎりぎりまで対応できるのは葬儀社になります。

事前に葬儀社への確認が必要

葬儀によっては、菊花か洋花か、あるいは価格の設定など、喪主の希望で内容が統一されていることがあります。
また、葬儀社や斎場によっては外部の生花店による供花の持ち込みを禁止しているケースもあるので、必ず事前に施行葬儀社に内容を確認しておきましょう。

まとめ

供花は、弔問、香典に次ぐ弔意を表明する手段です。
葬儀に参列する上でさらに供花を出されるなら弔意はより遺族に届くことになるでしょうし、参列が難しい方でも供花を出しておくことで弔意を伝えることができるのです。

格安葬儀なら小さなお葬式へ


小さなお葬式では、追加料金のない定額制で低価格(14万円~)なお葬式を行うことができます。

全国47都道府県対応・4,000式場以上あるので、ご希望にあった場所でお葬式が可能です。

葬儀社選びで迷ったら葬儀レビへ


葬儀レビでは、全国の約400社の葬儀社の中から、無料で見積りができます。

24時間365日利用・相談が可能なので時間を気にせず利用可能です。

すぐに葬儀社を決めたい方はもちろん、生前に葬儀社を決めておきたい方にも、おすすめです。

初めての葬儀で困ったらファミーユへ


ファミーユは、全国に1,000ヶ所以上の式場を展開している葬儀社です。

葬儀のこともちろん、葬儀後に必要な墓地・墓石の紹介や保険、名義変更などトータルでサポートを行っています。
初めての葬儀でも、何の心配もいりません。

年中無休、24時間対応なので、突然の急逝でも葬儀の相談可能です。